今の状況だけで考えない!!立地と賃料の関係も大事!!

数年間利用するのに十分な広さがあるか

賃貸オフィスを利用するとき、一人で起業するときもあれば、既に従業員が一定人数いるケースもあります。一人の時は新たに借りるのでしょうし、従業員がいるなら引越しになるのでしょう。では新たに利用するときに何に注意をしないといけないかです。住宅との大きな違いとして、利用をするときに一定の工事が必要になり、さらに退去の時に原状回復の工事が必要になります。初期費用や退去時の費用がそれなりにかかります。もしすぐにその場所に問題が出てきたとすると、初期費用などが大きく影響してしまいます。何十年も使うのを想定するのは難しいですが、少なくとも数年はその地で営業するのを想定しておくと良いでしょう。従業員が増えている会社は増員を想定して選ばなくてはいけません。

立地の良さか賃料の安さか

住宅を利用するときに、立地と賃料で比較をします。立地が良ければ住みやすいですが、その分賃料は高くなります。立地を我慢すれば賃料を抑えられます。では賃貸オフィスを利用するときはどんな選択が必要かです。まず立地の良さによって、営業のしやすさ、売上に影響する可能性があります。ただ、その会社に合わない立地を選んでしまうと、経費における賃料の負担割合が多くなってしまいます。住宅の賃貸のように、立地を我慢して賃料を安くするなどの安易な考えでは決められません。まず負担できる賃料を計算してみましょう。そしてその賃料で利用できる最もいい立地を探してみましょう。立地が悪ければ売り上げを伸ばせない可能性もあるので、よく考えないといけません。

賃貸事務所 港区に持つメリットは大小含めて多くの企業があるエリアなのでビジネスチャンスが多くある点にあります。ダイレクトなアプローチもしやすい立地環境となっています。