内装にこだわってイメージ通りの店舗デザインを完成させよう

店舗デザインを決めるときに大切なこと

飲食店や小売店などの店舗デザイン決めるうえで、事業の種類や店内のスペース、顧客の年齢層などに配慮しながら、理想的な店内のイメージを考えることが大切です。特に、テーブルや椅子、照明などの家具類の選び方や配置の仕方については、店舗の雰囲気を良くするために重要なポイントとなるため、各地の工務店などの施工事例などを参考にしながら、工事の計画を立てると良いでしょう。
また、店舗デザインの種類によっては、エクステリアなどの専門的な工事の経験を持つ職人に任せる必要があるため、早いうちから担当者と打ち合わせを始めることがポイントです。なお、店舗デザインの費用の相場を知るうえで、信頼のできる業者の見積もり額をじっくりと比較することが大事です。

機能性の高い店舗デザインを選ぶには

多くの顧客から愛される店舗を作るために、機能性の高い店舗デザインを心がける必要があります。例えば、バリアフリーやユニバーサルデザインなどに配慮をした店舗は、子供からお年寄りまで利用しやすいことから、同業者の事例を参考にしつつ、ニーズの高いデザインの特徴を十分に把握することが大切です。また、店舗内にぴったりのインテリアを取り入れるうえで、家具店やホームセンターなどを訪れて、売れ筋商品の価格帯やデザイン性の良さなどに注目してみましょう。その他、予算に余裕があれば、優秀な建築士が揃っている設計事務所に相談をすることで、それぞれの業態に適した店舗デザインについて助言を受けることがおすすめです。

店舗の内装を頼む前に、まず予算、イメージ、業者の選定は必須ですが、内装工事の期間、休業時の費用対効果、休業時だからこそ出来る飛躍ポイントの履修こそが他のお店との差がつくることとなるのです。